DataRobotで企業の業務を効率的かつ正確に

無料

DataRobotはスキルにかかわらず、すべての企業がより良い予測モデルをスピーディーに生成してビジネスに応用できる機械学習のプラットフォーム提供している。

CEOのSapphire Venturesが率いる最新のシリーズEラウンドでは、その技術革新のために新たに2億600万ドルの調達に成功した。

DataRobotはこれまで難しいとされてきた機械学習のプロセスを自動化・簡素化させることができる機械学習プラットフォームを提供している。
世界の優れたデータサイエンティストの専門知識や経験、成果を上げてきたノウハウをプラットフォームに実装させることで、これまで機械学習に多くを費やしてきた時間や労力を最小限に抑え、スキルがなくても学習させることができる環境を整えてくれる。

企業はDataRobotを活用することで、その企業ごとに正確な機械学習モデルの構築と展開が容易となり、企業における業務プロセスの効率化や作業のスピードアップが可能となるのだ。
フィラデルフィア76ersシーズンチケットの更新の最適化はもちろん、フライト前にどのユナイテッド航空の乗客がゲートチェックするかの予測にいたるまで幅広いユースケースが実装されており、13億以上のモデルが搭載されている。

 

世界中の多くの企業でビッグデータの活用やAIなどを利用した新たなIT革新の取り組みが行われている。
中でもAIの中核技術である機械学習は、マーケティングの効果予測や商品の需要予測、生産設備の自動診断やローン与信審査の自動化、スピードアップに役立つ。

AIが各企業の業務プロセスや担当させたい業務を学習して、人に代わって自動で行えるようになるまでには、企業の担当者にAIや機械学習に関する深い知識や経験が必要となる。
つまり、専門性の高いデータサイエンティストがいなければ構築できないという事実が障壁として立ちはだかる。
高度なデータサイエンティストが確保できる企業はそう多くないため、機械学習に取り組みたくても取り組めない現状があるのだ。

さらにデータサイエンティストのリードで機械学習を活用している企業においても、データ収集や加工には多くの時間がかかるのも悩みだ。
モデルの作成や精度向上にも何度ものテストや試行錯誤が必要であり、実際に運用できるようになるまでには膨大な時間や労力を要するのだ。

DataRobotを活用することで、データサイエンティストの有無やスキルを問わず、すべての企業で機械学習が容易に導入できると期待されている。
DataRobotを利用すれば、機械学習におけるモデル作成とモデルの実環境への配備を自動化でき、まったく知識やスキルがない人でも高精度なモデルが簡単に構築できるのだ。

DataRobotは自動作成したモデルをワンクリックで装備でき、スムーズに運用ができるので、機械学習を活用するまでのリードタイムを大幅に短縮してくれる。
データサイエンティストがいる企業においては、業務課題の発見・定義、施策立案・検証など、より本質的な作業に集中できる環境も整えることができるのがメリットだ。

参考:DataRobot Becomes A Unicorn By Selling AI Toolkits To Harried Data Scientists.

タイトルとURLをコピーしました