そもそDXとは、何か?

無料

DXTコンサルティングの
兼安 暁(かねやす・さとる)です。

昨日は

「知らなきゃ危険!DXがもたらす大変化」

というテーマでお話ししました。

ポイントはDX による大変化に
私たちはすでに巻き込まれている
ということでした。

そして、
このブログで学ぶことが
できる内容についてもお話しさせて
いただきました。

さて、今日は、

「そもそもDXとは、何か?」

というお話しです。
 

知っている人もいるかもしれませんが、
DXについてはすでに国も動き出しています。
 

経済産業省は、
日本のDX対応への遅れに危機感を持っていて
「 主に人材不足と、既存のシステムが
 構造的に企業の変革を邪魔する」
という指摘をしています。
 

既存システムは、
従来の業務を効率的に運用するために
開発・維持されています。

しかし、
AIやIoT時代に必要なデータを
取得する仕組みになっていないため、
AIを導入しようにも、
AIを教育するために必要なデータが
いつまで経っても揃いません。 

そして、
そんな既存システムの維持に
ITリソース(ヒト・カネ)が奪われて
新たなITの導入に回すリソースが足りない
という悪循環になっているのです。

では、
経産省が導入の遅れに危機感を抱いている
DXとはそもそもどんなものなのでしょうか?

世界最大のコンサルティング会社である
アクセンチュアは、こう言っています。

DIGITAL TRANSFORMATION TURNS EVERY
BUSINESS INTO A DIGITAL BUSINESS
(デジタル・トランスフォーメーションは、
すべてのビジネスをデジタルビジネスに変える)
 

そして、おそらく現時点で世界で
最先端のコンサルティング会社である
デロイトはこう指摘しています。

Digital technologies areaccelerators of innovation.
They can improve efficiency, power new products
andservices, enable new business models,
and blur the boundaries between industries.
Every successful enterprise will one day be
a digital enterprise.

(デジタル技術は、
イノベーションの加速装置(アクセレレーター)だ。
それは効率化を改善し、新製品や新サービスに力を与え、
新しいビジネスモデルを可能にし、
業界間の垣根をぼやかしてしまう。
いつしか成功している企業はすべからく、
デジタル企業になっているだろう)

つまり、
あらゆるビジネスをデジタル化し、
デジタルを前提にビジネスが組み上がることによって
既存の業界の垣根を壊して行くビジネスの変化こそ
DX(デジタルトランスフォーメーション)と
いえるでしょう。

少し難しいですよね?笑

抽象的な話は難しく感じますが、
明日からあなたも良く知っている
身近な企業を事例にしてDXについてお話しして行きます。

明日は、

「今さら聞けない“GAFA”とは?」

というテーマでお送りします。

タイトルとURLをコピーしました