アレもコレもP2P 【その1】

無料

DXTコンサルティングの
兼安 暁(かねやす・さとる)です。
 
 
昨日は
 
「よく分かる!P2Pビジネス」
 
というテーマでお話ししました。
   
   
スマートフォンの普及と
通信速度の高速化により
一気に広がった
 
P2P(Peer-to-peer、ピア・ツー・ピア)ビジネス
 
 
そのビジネスの仕組みが
個人間のコミュニケーションや
マッチングを前提としている点、
 
利用者双方のメリットとして、
コストの低さ、社会との繋がり、楽しさについて、
お伝えしました。
  
   
    
さて、今日は、
 
「アレもコレもP2P 【その1】」
 
というお話です。
  
  
 
P2Pの仕組みが活用されている
 
それぞれの領域の
ビジネス事例をみていきましょう!
 
 
■両替サービス
 TransferwiseやCurrencyFairは、
送金サービスの中で、
P2Pエクスチェンジのサービスを提供しています。
  
なかでも、
CurrencyFairのエクスチェンジ・プラットフォームでは、
両者が直接両替レートを交渉して決めることができます。
  
  
 
 ■マイクロファイナンス
 Kivaは、
貧困層の起業家に対するマイクロファイナンスを、
一般から集めるWebサイトです。
  
支援を受けるのは
米国の貧困層から、
アフリカの農家まで幅広く、
 
支援をするヒトも世界中から参加できます。
  
 
  
■旅行関連
旅行関係では、
Airbnbがもっとも有名ですが、
他にもたくさんあります!
  
お互いの家を交換して休暇を過ごせる
Love Home Swap
 
というサービス。
  
 
エクスペディアの子会社で、
 
ハワイやフロリダのバケーション・レンタルを
オーナーと直接やりとりして借りられる
HomeAway(ホームアウェイ)
 
というサービスなどもあります。
  
  
■仕事関連
 Craigslistは、
目的や地域によって分類された
募集広告や告知を一覧掲載する
クラシファイドという
広告媒体のオンライン版です。
 

この中では、
不動産や求人、中古車、イベント、出会い等の
情報も交換されています。
 
 
プログラマー、ウェブ開発者、デザイナー、ライター、
データ入力、翻訳などの仕事の情報を、
依頼する側とされる側で募集できるサイト
 ↓
日本ではランサーズが有名ですが、
Freelancer.com等は、
フリーランサーと
仕事を依頼したい依頼主の
マッチングサイトです。
  
同様のサイトに、
oDeskやElance、BidWilly、crowdSPRING等
があります。 
 
これらは、
クラウドソーシングとも言います。
  
   
オフィススペースや会議室のオーナーと利用者の
マッチングサイトもP2Pです。
日本だとSPACEE(スペイシー)という
レンタルスペースのシェアリングサービスがあります。
  
 
 
今日は、 
個人と個人の
マッチングやマーケットプレイス等で
利用されている仕組み
 
「P2P」サービスの
 
様々な領域でのビジネス実例について
 
お伝えしました。
 
 
 
意外と身近なサービスも
P2Pですね。
 
 
今日の事例は、ほんの一部。 
まだまだあります。。
 
 
 
明日も引き続き、
 
さまざまな領域で
展開される P2P ビジネス例を
 
「アレもコレもP2P 【その2】」
  
をテーマでお送りします。
  
  
お楽しみに!

タイトルとURLをコピーしました