P2P

無料

DXが復活させる古代の金融システム

銀行ができる前の時代、世界中の小さな村では、信頼できる隣人同士の間でP2P(ピア・ツー・ピア、パーソン・トゥ・パーソン)と同じ仕組みで、融資がなされていた。今、テクノロジーの進歩によって、なぜ銀行の存在が危ぶまれるのか?について解説。
無料

P2Pビジネス×電力産業

将来、P2Pビジネスの仕組みが、電力産業においても盛んになるのは明白。 その際に押さえておきたい3つの技術「VPP(バーチャル・パワープラント:仮想発電所)」「コミュニティソーラー」「V2G(Vehicle to Grid:クルマから送電線網への電力送電)」について解説。
無料

すでに滅んだ産業、滅びかけている産業

すでに滅んだ産業の代表的な例として、3つの産業、 ●百科事典、辞典 ●CD・DVD・VHSレンタル/販売 ●旅行代理店 について、それぞれがどのように時代の流れから取り残され、滅びてしまったかを解説。
無料

シェアリング・エコノミーの3大メリット!

シェアリングエコノミー利用のメリットについて解説。 資産を提供する側、される側、その両者それぞれに経済的なメリットがあるという点。 また、 お金に代えられない人と人との「交流」という点も、見逃せないメリット。
無料

いま流行りの『シェアリングエコノミー』

シェアリング・エコノミーの解説。シェアリングエコノミーとは、ヒト・モノ・場所・乗り物・おカネなど、個人が所有する資産のうち、余っていたり、使っていない時間があったりする場合、それを個人間で貸し借りや交換することで成り立つ経済の仕組みのこと。
無料

アレもコレもP2P 【その2】

3日連続で、P2P(Peer-to-peer、ピア・ツー・ピア)ビジネスの仕組みや活用されているビジネスの領域についてまとめました。 P2Pが、個人と個人のマッチングやコミュニケーションの仕組みを利用したサービスであるという点、 それぞれの領域においてサービス実例を公開。
無料

アレもコレもP2P 【その1】

P2Pの仕組みが活用されているそれぞれの領域のビジネス事例をみていきましょう!金融系のTransferwiseやCurrencyFairをはじめ、仕事に関しては、Freelancer.com、oDesk、Elance、BidWilly、crowdSPRING等さまざまな分野でP2Pが活用されています。
無料

よく分かる!P2Pビジネス

個人と個人のマッチングやマーケットプレイス等で 利用されている仕組み「P2P」サービスの概要についてお伝えしました。
無料

今話題のFinTechとは

FinTechとはデジタル技術を活用して、従来の金融が抱えてきた問題を解決する取り組みやその技術をさした新しい言葉です。 FinTechを解説!
タイトルとURLをコピーしました