EV

無料

滅亡に向かう火力発電

すでにドイツで始まっている化石燃料から自然エネルギーにシフトしていく運動。 日本では、まだまだ火力発電が中心となっているものの、時代は、明らかに自然エネルギー発電に傾いており、その設備にかかる費用を含め発電コストも年々下がっている現状を解説。
無料

誰でもクルマが作れるようになる時代

これまで「自動車の技術はとても複雑だから、ぽっと出のメーカーには作れない」という考えが常識であったが、テスラをはじめ、そんなイメージを覆す自動車の製造を開始してから間もない企業を2社紹介し、今後の自動車産業の生き残り策を解説。
無料

生存率1%!?自動車部品メーカー

EVに置き換わると自動車産業が滅びるのか?について。 EV車の場合に必要な部品点数は、従来の10分の1の 2~3千点で済み、3Dプリンターを活用すると、さらに10分の1の200点前後でクルマを1台作れてしまうというクルマの構造などから解説。
無料

6倍速充電・容量3倍のバッテリーの正体

Toyota、BMW、Honda、Hyundai、Nissanなどが技術開発を競う「個体バッテリー」。リチウムイオンバッテリーと比較して最大6倍速く高速充電でき、大きさ辺り3倍のエネルギーを貯蔵可能など、その話題の「個体バッテリー」を解説。
無料

バッテリー寿命を伸ばす技術

近年、バッテリーの寿命の短さは克服されつつあり、その中でもフローバッテリーというものや、スーパーキャパシタ(電気二重層コンデンサ)が開発され、注目されている。 フローバッテリーや、スーパーキャパシタ(電気二重層コンデンサ)を解説。
無料

あなたが知らないバッテリーの真実

再生エネルギー、EV、ドローン、スマートアイウェアなどをはじめとして、なくてはならないものとされているバッテリーについて、最新実例から解説。
無料

DXが町工場にもたらす破壊

自動車製造の過程において、EV化が進むと、今まで、町工場が製造を担っていた部品が、10分の1の2~3千点で済むようになます。 さらに3Dプリンタで筐体を製造すると200点未満で済むようになるのです。
無料

環境にも優しい自律電動輸送車両がヨーロッパのコカ・コーラで活躍

コカ・コーラヨーロピアンパートナーズ(CCEP)では、スウェーデンのヨルドブロの方針に沿い、Einride自律電動輸送車両を間もなくリリースすると発表した。Einrideは2016年に設立され、ドライバーを必要としない高度な技術搭載した洗...
タイトルとURLをコピーしました