3Dプリンタ

無料

農業分野での最新テクノロジー

農業分野での最新テクノロジー。 これまで設備や光熱費のコストがかかりすぎるため、利益をだすことが難しかった分野:植物工場とも呼ばれている「都市型農業」の今後について解説。
無料

3Dプリンターと再生医療

Tal Dvir教授率いるイスラエルの研究チームは、人間の細胞から、小さいながらに筋肉、血管、心室そして心室を持ち、完全な形で拍動する心臓を3~4時間程度で3Dプリントすることに成功。このような3Dプリンターの医療分野での活用について解説。
無料

再生医療のいまと未来

京都大学の山中教授の功績により、脚光を浴びているiPS細胞(人工多能性幹細胞)以外で、医療の分野で注目されている先進のテクノロジーの「幹細胞研究」について、現時点の研究事例とこれから先に期待される役割(希望)について解説。
無料

そして誰もいなくなった。無人輸送システムの今

Amazonやウォルマートのような小売大手は宅配の完全自動化を模索しています。 その中でも、小売業の姿とあり方を激変させる可能性を秘めている無人輸送(配送)システムについて解説。
無料

滅亡に向かう火力発電

すでにドイツで始まっている化石燃料から自然エネルギーにシフトしていく運動。 日本では、まだまだ火力発電が中心となっているものの、時代は、明らかに自然エネルギー発電に傾いており、その設備にかかる費用を含め発電コストも年々下がっている現状を解説。
無料

生存率1%!?自動車部品メーカー

EVに置き換わると自動車産業が滅びるのか?について。 EV車の場合に必要な部品点数は、従来の10分の1の 2~3千点で済み、3Dプリンターを活用すると、さらに10分の1の200点前後でクルマを1台作れてしまうというクルマの構造などから解説。
無料

未来は『鏡の国アリス』?

空間や環境をデジタルに置き換えた、現実世界のデジタル版ミラーワールドについて、デジタルツイン、バーチャル空間との違いについても解説。
無料

DXが町工場にもたらす破壊

自動車製造の過程において、EV化が進むと、今まで、町工場が製造を担っていた部品が、10分の1の2~3千点で済むようになます。 さらに3Dプリンタで筐体を製造すると200点未満で済むようになるのです。
無料

ある博士の『未来年表』(前編)

人工知能研究の世界的権威であり、現在はGoogleに属して研究をしているレイ・カーツワイル博士。 彼が1999年に予測した技術年表は、これまでのところ予測的中率86%といわれています。  未来をイメージするうえで、かなり参考になります。
タイトルとURLをコピーしました