ロボット

無料

極小ロボットが身体の中を測定する時代

テクノロジーの進歩によって、小型化・軽量化が進む、バイタルサインや身体内で起こる化学反応、化学物質や生物的機能に関するデータなどの測定器具の最新情報や、ナノスケール、ミクロンスケールの極小ロボットが、身体の中を測定したり、薬を特定の部位に届けたりする技術について解説。
無料

ある博士の『未来年表』(後編)

世界がレイ・カーツワイル博士の予測通りに動いてきている。 自動運転車が普通になり、農作物はビルで生産されるようになる。エネルギー問題が風力、太陽光で一気に解決。その結果、オイルメジャーが倒産。AIが人間を超え単純労働をロボットがするようになる。
無料

知らなきゃ危険!DXがもたらす大変化

DXTコンサルティングの 兼安 暁(かねやす・さとる)です。 さて、今日から、本格的にDX(デジタルトランスフォーメーション)についてお話しして行きたいと思います。    DXの細かい定義については追々説明して行きますが、、、どう...
無料

安全検査官ロボットの活躍に期待

ピッツバーグに本拠を置くGecko Roboticsは追加の資金調達により、4,000万米ドルを調達したと発表した。今回の資金調達により、これまでの60台のロボットに追加して40台のロボットを追加するという。これによって会社の安全体制を強...
無料

アバターロボットで旅行を楽しむ時代に

日本を代表する航空会社である全日本空輸(ANA)が、航空機での旅行に代替できるロボットのアバターnewmeを発表した。遠隔地でのあらゆる体験を実現してくれる、初めての普及型アバターロボットとなる。実際に航空機などを使って旅行に行くこと...
無料

人工皮膚の働きでロボットが人間を優しく抱きしめられるようになる

ミュンヘン工科大学のエンジニアが、擬人化ロボットで使用するための人工皮膚を開発した。この人工皮膚をロボットに用いることで、人間を安全にハグできるようになるというのだ。 人工皮膚は生物学からインスピレーションを得て制作されたもので、温度や圧...
無料

VRやシミュレーションで高度な動作や学習機能を備えてロボットを開発しているトヨタAI研究所

トヨタAI研究所(TRI:TOYOTA Research Institute)は、自動車で世界的に有名なトヨタグループ9社の共同出資を受けて誕生した研究施設であり、豊田工業大学やコンポン研究所などとも連携して、共同研究を行っている。 ロボ...
無料

遠距離でも治療を可能とする遠隔心臓手術がロボットで実現する!?

心臓専門医のDr. Tejas Patel氏は遠距離にいる患者に対し、遠隔心臓手術に成功したと発表した。Dr. Tejas Patel氏が、手術を受ける患者から20マイル離れた場所で手術を行うという試みだ。 精密な血管ロボットを介し、5つ...
タイトルとURLをコピーしました