2020年CESの4つのハイライト

無料

1 SONYが電気自動車を発表

LiDAR機能を搭載しているため、自動運転も視野に入っている。自動車が家電になる象徴。

 

2 Hydraloopの廃水管理ソリューション

冷蔵庫のサイズとほぼ同じくらいの量の廃水を、洗浄、ガーデニング、配管作業で使用できるレベルまで浄化する。約80億人の人々の世界できれいな水不足がますます重要になるにつれて、Hydraloopのソリューションは、より持続可能で、効率的でスケーラブルな水システムの開発が現実的になってきた。

 

3 植物由来の肉、Impossible Porkの登場

昨年登場した、Impossible Beef(植物由来の牛肉)に続いて、今年は植物由来の豚肉が誕生した。ますますバリエーションが増えることで、気候変動の大きな原因とされている食肉生産(広大な牧場や飼料のための農地と水を必要とし、森林破壊につながっている)に代わって、急速に普及することが期待できる。

 

4 トヨタがスマートシティを発表

トヨタは、2,000人の住民からなるスマートシティであるトヨタウーブンシティが研究センターとして機能する計画を発表した。このスマートシティでは、あらゆる最新技術を使用してゼロから構築される。 都市への人口集中がますます広がるなかで、都市の諸問題をゼロベースで解決することが期待される。

 

タイトルとURLをコピーしました