無料

2020年CESの4つのハイライト

1 SONYが電気自動車を発表 LiDAR機能を搭載しているため、自動運転も視野に入っている。自動車が家電になる象徴。   2 Hydraloopの廃水管理ソリューション 冷蔵庫のサイズとほぼ同じくらいの量の廃水を、洗浄、ガーデニング、配...
無料

応用可能性の繋がるウナギと折り紙からヒントを得たロボット

韓国にあるソウル国立大学のソフトロボティクス研究センターとポルトガルのレビコフニゲラー財団(FRN)の研究チームは、深海に生息する魚の一種であるペリカンウナギに触発されたロボットアーキテクチャを開発した。 伸縮性のあるペリカンウナギのスキ...
無料

中小零細企業のIoTをサポートする低コストなオープンソース

オープンソースのハードウェアプラットフォームであるArduinoは、2つの新たな開発を発表して注目を集めている。 IoT用のハードウェアを設計する製品クリエーターをサポートする、新しいローコードソリューションとハードウェアアプリケーション...
無料

宇宙との距離をグッと短くした商用カプセル

SpaceXは国際宇宙ステーション(ISS)への19回目の商用補給ミッションを完了した。SpaceXの商用カプセルであるドラゴンは国際宇宙ステーションへと実験器具や補給品などの貨物を運搬するのはもちろんのこと、調査ミッションへの活用もでき...
無料

パナソニックが装着感に優れた高画質・音質な軽量VRメガネを開発

パナソニックは、Consumer Electronics Show(CES)において、世界初となる高ダイナミックレンジ(HDR)超高解像度VRメガネを発表した。パナソニックはこれまでもテレビやオーディオシステム、デジタルカメラ、ブルーレイ...
無料

記憶して感情も表せるデジタルアバターの誕生

サムスンテクノロジーアンドアドバンスドリサーチ(STAR)ラボでは、ネオンというプロジェクトに取り組んでいる。そのプロジェクトの成果として、この度、超現実的なデジタルヒューマンアバターが完成したと発表したのだ。ネオン・デジタルアバターは、...
無料

不動産業界におけるAIの可能性

世界的な会計・コンサルティンググループであるPwCによると、2030年までにAIが世界のGDPの15兆ドルを超えると推定されている。 最も影響を受ける業界として、不動産業界が挙げられた。今後10年間で不動産業界においては、AIを利用する数...
無料

地球環境の変化による食糧難を救済してくれるトマトの開発

地球温暖化に伴う異常気象の影響で環境が変化し、食糧栽培や生産への懸念が示されている。一方で今後も世界規模では人口増加が予想されており、将来の食糧難が大きな不安材料になり、いかに食糧を確保するかが課題になっている。研究者たちは従来の栽培法や...
無料

量子テレポーテーションと実用化の可能性

物理学者はコンピュータチップ間で、初めての量子テレポーテーションを達成したというニュースが流れた。量子テレポーテーションとは、ブリストル大学の物理学者が率いる研究チームが初めて実証実験に成功したものだ。2つのマイクロメートルスケールのシリ...
無料

2020年に人類が目にするエキサイティングな7つの宇宙ミッション

2020年、人類が目の当たりにできる可能性が高い宇宙ミッションは多い。1年のうちに無数のロケットが打ち上げられ、10年先まで宇宙探査スケジュールは詰まっている。火星には4つもの異なるミッションを持つロボット宇宙船が送り込まれ、民間会社は人...
タイトルとURLをコピーしました