バイオプリンター

無料

3Dプリンターと再生医療

Tal Dvir教授率いるイスラエルの研究チームは、人間の細胞から、小さいながらに筋肉、血管、心室そして心室を持ち、完全な形で拍動する心臓を3~4時間程度で3Dプリントすることに成功。このような3Dプリンターの医療分野での活用について解説。
無料

再生医療のいまと未来

京都大学の山中教授の功績により、脚光を浴びているiPS細胞(人工多能性幹細胞)以外で、医療の分野で注目されている先進のテクノロジーの「幹細胞研究」について、現時点の研究事例とこれから先に期待される役割(希望)について解説。
無料

鶏の羽からナゲットを創る技術

植物由来タンパク質を使用した3Dプリント肉が、世界の人口増加に対応するより持続可能なソリューションとなっている点、遺伝子操作なく、抗生物質などで汚染されていない点など「環境への有害な影響なしに肉の需要を満たすことができる技術」としていかに注目されているかについて解説。
無料

拍動する3Dプリント心臓

バイオエンジニアは、3Dプリンタと再生医療を使用して、骨の移植、歯の強化、カスタムフィッティング補綴、臓器移植、神経の修復 など、人体の修復、治療、修復方法を大幅に進化させている。その中で、イスラエルのテルアビブ大学の研究チームが世界で初めて成功した、人間の細胞から心臓を3Dプリントした事例について解説。  
無料

宇宙で牛肉を育成できる時代に

宇宙飛行士は初めて、バイオプリンターを用いて宇宙で肉を育てることに成功したという。その成果は地球上での食物の栽培方法を変える可能性があると指摘されている。 先日、国際宇宙ステーションの宇宙飛行士が微小重力の極端に厳しい条件のもとで、実験室...
タイトルとURLをコピーしました