科学者が作り出した潜在的無公害エネルギー

無料

クリーンエネルギーの新興企業であるプロトン・テクノロジーズは、現在、潜在的無公害エネルギーを作り出すことに取り組んでいる。

プロトン・テクノロジーズが進めているのは、水素ガスのコードの解析だ。
原油や天然ガスなどの炭化水素は、燃焼や呼吸を介して酸素と結合し、エネルギーとともに二酸化炭素と水を生成する。
エネルギーを作る際に、地球温暖化の最たる要因である二酸化炭素を発生しなければ、地球上における二酸化炭素の量はぐんと減るのは間違いない。
プロトン・テクノロジーズが目を付けたのは水素ガスで、水素ガスは酸素と反応したとき、エネルギーと水だけを生成する。
つまり水素ガスなら、地球温暖化の原因となる二酸化炭素が発生しないのだ。

プロトン・テクノロジーズはすでに、地上で炭化水素を燃やしてしまうと発生する二酸化炭素を生み出さないために、地下の油田に閉じ込められたままの状態の炭化水素を、水素に変換するシステムを開発している。
これによって水素ガスを生成するプロセスで十分なエネルギーを生成しつつも、二酸化炭素をはじめ、一酸化炭素やメタンといった地球温暖化の要因はその他のガスとして炭化水素の形を取り、そのまま地下にとどまり続けることになる。
このプロセスなら、地球温暖化の原因となる二酸化炭素が排出されることはなく、まさに画期的な無公害エネルギーだ。

炭化水素からエネルギーを生み出そうとすると、どうしても二酸化炭素と水に分かれてしまう。
これは、化学的な性質からいってどうすることもできない。
これから先、新たなアプローチが見つかるかもしれないが、現状においてまだそれが実現できていない状況で、逆に地球温暖化に歯止めをかけるには、もはや今しかないというところまで追いつめられている。

プロトン・テクノロジーズの開発した新技術は、二酸化炭素を発生させることなく炭化水素をエネルギーに変えるという、まさに夢のような方法だ。
これが世界的に広まれば、一気に世界エネルギー経済を根本から覆すことになるのは間違いない。
二酸化炭素を排出しない無公害のエネルギーが供給されることによって、地球温暖化に歯止めがかかれば、そこから少しずつ壊れてしまった地球環境を修復していくことができるだろう。
さらに、エネルギーを生み出すためのコストも大幅に削減できるとあって、炭化水素資源に頼っている国では一石二鳥といえる。

そんな画期的な技術を開発したプロトン・テクノロジーズだが、原子力や太陽光をはじめとする自然エネルギー、それにいずれは枯渇する炭化水素燃料といった複数のエネルギーに代わる、代替エネルギー技術の開発にも取り組んでいる。
地球上には、将来的に最も早く枯渇すると考えられている原油以外にも、エネルギーを生み出す資源があると言われるが、プロトン・テクノロジーズはすでにその先を見ているのだ。
もしそれが実現するなら、海底や地下深くに眠るエネルギー資源に手を付けることなく、原子力エネルギーからも脱却し、地球を再び美しい青い星にできるかもしれない。

参考:Scientists extract hydrogen gas from oil and bitumen, giving potential pollution-free energy.

タイトルとURLをコピーしました