Blog

Blog

Covid-19とDX

Covid-19のパンデミックにより、全世界がロックダウンし、経済が止まり・・・いまも社会に大きな影響を与えているが、「コロナ後の世界はどうなるか?」について考察。  
Blog

テクノロジーの進化とSDGs

グローバル市場を目標す場合、すぐに出来ること、身近にある課題がSDGsの17個の課題のどれかに当てはまっている!からといって、それをベースにDXを考えるのではなく、最新のテクノロジーの力を借りながら小さく始めるのが得策な理由を解説。
Blog

SDGsを営利事業で行う意味

SDGsをはじめとしたグローバル規模の大きな取り組みは、NPOやNGOのように、寄付金や国連からの資金に頼って事業を行うよりも、営利事業の方が成功する可能性が高い理由について解説。
Blog

10億人以上に影響を及ぼす事業

グローバル市場を目標にサービスを考える際に、10億人以上に影響を及ぼす事業に取り組むつもりでサービスを企画する必要性、妥当性について旅行業界の事例をもとに解説。
Blog

ディスラプション後の生存確率

これからの10年の間、新しいチェンジ・ドライバーによって既存の産業がディスラプトされた後に、新しく作られる産業の中で、グローバル市場で生き残ることができる企業が2~3社のみと考える妥当性について解説。
Blog

未来のビジネスで勝つ方法

世の中が劇的に変わろうとしているいま、未来を知ることは決して簡単ではないものの、変化にいち早く気付き、うまく適用できた会社は、未来のビジネスにおいて勝者になるという点は疑う余地はないことについて解説。
Blog

DXの失敗原因:過去の知識・勘

これまでの社会システムの在り方を再確認し、これから生き残る企業は、現状の延長で業務改善を目的としてDXに取り組むのではなく、DXで新しい社会システムを創る側に回った企業になる理由を解説。
Blog

今さら聞けない“エコシステム”

DXを活用して新しいビジネスモデルを考えるのであれば、前述したプラットフォーム・ビジネスやエコシステムの創出を念頭に置いて検討することをお勧めする理由と共に、「エコシステム」について、国内外の事例をもとに解説。
Blog

DXで新ビジネスを作る時に考えておくべきこと

DXで新しいビジネスモデルを作るときに、考えておくべき“ビジネスの立ち位置“について、「①プラットフォーマーになる」「②テナントビジネスを行う」「③どのプラットフォームにも頼らない」それぞれを解説。
Blog

競合が気づいたときには手遅れ状態

破壊的イノベーションとなる、エクスポネンシャル・カーブの2つの特徴「初期の頃は小さすぎて目に見えない点」、「競合が認知したときには、もう手遅れで、なすすべなく従来の市場を破壊しつくしてしまう点」について解説。
タイトルとURLをコピーしました