Blog

Blog

大企業とスタートアップの提携方法

企業がスタートアップの力を借りて、新規事業開発を行う方法として、初期のスタートアップの成長を助けるところから関わるのが、スタートアップの力を借りる第一歩であることを国内外のスタートアップの調達事例をもとに解説。
Blog

保存版:スタートアップと社内ベンチャーの比較

既存企業での新規事業とスタートアップを比べて、同じ目標・成果に対して、スタートアップの方が短期間かつ低コストでたどりつけるポイントについて大きく5つの有利な点をあげ解説。
Blog

新規事業開発は短距離勝負!

マイクロソフトの創業者ビル・ゲイツはじめ、ZOZOの創業者である前澤氏など、一代で財を築いたスーパーリッチと呼ばれる人々は、皆スタートアップを成功させた人達。彼らが、一代で財を築け理由について、特徴的な報酬面や働き方などから解説。
Blog

世界中の24時間働く起業家との戦い方

ディスラプターとして既存の世界観を打ち破り、新しい常識やルールを築いていくビジネスでない限り、本来DXで考えるべきビジネスではないということを国内外において死に物狂いで考え、働く起業家との戦い方と共に解説。
Blog

働き改革との逆行は大前提

新規事業を開発する際のスタートアップと社内ベンチャーとの比較の中で、スタートアップの社員が、なぜ? 「働き改革」とはかけ離れた状態での働き続けるのかについて解説。
Blog

雇われ体質な社員 vs スキル未熟な社員

スタートアップと社内ベンチャーでは、社員の素質にも差が出てきてしまうのは、致し方のないことで、それぞれの社員特性をよく理解した上で、目的に応じた登用することが大切であるということを解説。
Blog

サービスの品質は低くて良い理由

新しいサービスを始めるのであれば、顧客とも新しい関係を築くタイミング。古い慣習を踏襲するような過剰な品質は避けた方が良く、完全自動化を目指したなるべくシンプルな業務にする秘訣について解説。
Blog

社内ベンチャー以外の選択肢

既存企業にとって、新規事業開発を「社内ベンチャー」と「スタートアップ」のどちらで行うのが良いかについて、俗にいう事業や研究開発の障壁となる「死の谷(valley of death )」の越え方などから考察。
Blog

既存顧客を切り捨てるのは、なぜか?

過去のカメラ産業の実例から、新規事業を考える場合には、既存顧客ではなく、新しいサービスに興味を持ちそうな顧客のことだけを考えて事業をスピーディに組み立てる必要があることを解説。
Blog

新規事業を遮る典型的な壁とは?

企業が新規事業開発を行う過程でもっとも障壁になりやすいのが、既存システムや既存顧客。今は、さまざまなシステムが安く活用でき、既存の商品・サービスに満足している顧客は、新事業では考慮しなくて良いという点などを解説。
タイトルとURLをコピーしました