衛星インターネット

無料

宇宙鉱山は100兆円ビジネス

小惑星探査機「はやぶさ2」が小惑星 「リュウグウ」に眠る物質を採取し、地球に帰還したことも話題になったが、NASAによる探査の将来的な目標である火星と木星の間の小惑星帯で太陽を周回している16個のプシケと呼ばれる小惑星には、推定1千京ドルに相当する希少金属が眠っていると言われている。そんな宇宙鉱山について解説。
無料

宇宙とグローバル・インターネットで儲ける方法

スペースX社は、今後10年間の間に、12,000機のStarlink衛星の完全配備の承認を米国の連邦通信委員会 FCC(Federal Communications Commission)から受け、この、グローバルなユニバーサル・インターネット・ネットワークを構築する100億ドル以上を投資する予定している。このグローバル・インターネットを取り巻くビジネス構造を解説。
無料

誰か教えて!スペースXのビジネス構造

スペースXが実現した、ロケットを安く頻繁に打ち上げる技術。とはいえ莫大な費用がかかるロケットの打ち上げ事業は、ビジネス構造の中で何を収益としているのか?スペースXが謳う「衛星を地球から軌道へと運搬する事業」について解説。
無料

モバイル革命で銀行が終わる

FinTechを活用したビジネス、2024年には80億人の人類全体がインターネットにアクセスできるようになった後の世界が金融サービスに与える影響について解説。
無料

ネット構築が難しい地域にもドローンでインターネットサービスを提供

日本のソフトバンクをはじめ、欧州のエアバス、米国のボーイングは60,000フィートを超える飛行が可能となる成層圏自律ドローンの開発に取り組んでいる。自律ドローンは介入なしで数か月間にわたって飛行できることを目的としていて、上空から画像やイ...
タイトルとURLをコピーしました