宇宙開発

無料

宇宙鉱山は100兆円ビジネス

小惑星探査機「はやぶさ2」が小惑星 「リュウグウ」に眠る物質を採取し、地球に帰還したことも話題になったが、NASAによる探査の将来的な目標である火星と木星の間の小惑星帯で太陽を周回している16個のプシケと呼ばれる小惑星には、推定1千京ドルに相当する希少金属が眠っていると言われている。そんな宇宙鉱山について解説。
無料

宇宙とグローバル・インターネットで儲ける方法

スペースX社は、今後10年間の間に、12,000機のStarlink衛星の完全配備の承認を米国の連邦通信委員会 FCC(Federal Communications Commission)から受け、この、グローバルなユニバーサル・インターネット・ネットワークを構築する100億ドル以上を投資する予定している。このグローバル・インターネットを取り巻くビジネス構造を解説。
無料

2020年に人類が目にするエキサイティングな7つの宇宙ミッション

2020年、人類が目の当たりにできる可能性が高い宇宙ミッションは多い。1年のうちに無数のロケットが打ち上げられ、10年先まで宇宙探査スケジュールは詰まっている。火星には4つもの異なるミッションを持つロボット宇宙船が送り込まれ、民間会社は人...
無料

水蒸気を含んだエイリアンの惑星には生命に優しい水があった

ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンの天文学者・Angelo Tsiarisを含む天文学チームは、地球から約111光年離れたところにある超地球、K2-18bの存在を認識している。 この超地球には大気中に水蒸気を含んでいることが分かっており、...
無料

宇宙飛行士が初のセメント作りに成功したその先は

ISS(国際宇宙ステーション)に搭乗している宇宙飛行士たちが、宇宙で利用できるセメント作りに取り組んでいる。地球から持って行ったセメントを使っての取り組みは、地球からのセメントをどの程度うまく調合するかによって、宇宙におけるインフラストラ...
タイトルとURLをコピーしました